旅のあれこれ

ポルトガル鉄道・クレジットカード二重請求のその後

GWのアンダルシアとポルトガル旅行の 最後の足回りの予約はポルトガル鉄道だった。 無事に予約を完了させて一安心・・・??

ひとり旅のウエア

先週、初めて海外旅行をするという若い女の子ちゃんと話をしたとき、 いつもスカートですけど旅先でもそうですか?と訊ねられた。 スカートしかはかないよ、と答えてから ホントにそれでいいのかと思った。

2月18日、三峯神社へ詣でてきた。

昨年3月朔日に 三峯神社でお借りした 「御眷属さま」を 無事にお返ししてきた。 一年間たいへんおせわになりました。

バックパック可能なキャリー

年初、 「キャリーが背負えたらありがたい!」 知人の勧めで購入したそのブツ、 ご興味がおありでしたらご覧ください

海外旅行のお供・おやつ

おやつはたいせつ。 小腹が空いたら、 エネルギーが切れたら、 獰猛なケダモノになるか思考回路が停止する。

旅の妄想をかきたてるツールとしての書籍

ラングドン教授のひそかなファンを自認しているので ダン・ブラウンセンセイは大好き。 何度でも読みたくなるくらい面白い、 翻訳の越前先生が上手に訳しているにちがいない) そのため、仕事に支障を来してはいけないと 書籍は背表紙だけをこちら向きにして…

アルハンブラ宮殿のチケットをネット予約完了

10連休のGWは海外脱出組が史上空前の人数らしい。 旅ブログでもよく見かけるようになってきた@まかろぜ調べ 往復でほぼ3日を取られる欧州への旅行者数が増加しているとのこと。 そりゃあ、早目に予約しないとダメなはず。 デコボコ3人組(と命名)もすでに…

日帰りバス旅

昨年6月、 朔日の『白』い『氣守』配布を 敷地内のホテル宿泊者以外はしばらく中止するという ヒトによっては衝撃的な発表を行った 秩父・三峯神社。 その発表に先立つ昨年3月朔日、 雪深く前日からの雪で足元が不安定な雨の日に 日帰りツアーバスで訪れてい…

シンガポール航空エコよりプレエコが安い驚き

土曜日ランチの旅友会で シンガポールのナイトサファリの話題が出ていて かなり気持ちを持って行かれたので シンガポール航空でお試し検索してみた。

旅仲間の笑顔に癒された土曜のランチ

土曜日のランチは仲間たち11人でランチは ポルトガル料理だった。 www.pj-partners.com アブダビやロシア、ウクライナ好きなSさんの予約。

悩ましい旅のお誘いに惑う

旅の仲間たちとのLINEに 次々と旅のお誘いが投下されている。 今日は6月のベトナム旅のお誘いが投下された。

旅・ガイドブックに思うこと

いま読んでいる本 GW旅をこれ以上ないくらい 激しく楽しい妄想でかためるためのツールとして選択した本二冊。 左のは図書館で借り、右のはモバイル用に購入。 活版印刷?ナニコレ、コピー?なめっちゃ読みにくいホンだが頑張る。 左のは、多くの新鮮な旅ブログや…

海外旅行の保険について考える 

ふだんあまり意識していないのだけど、 たまたま知人に保険を申請した人がいたので 自分も確認してみることにした。 国内旅行のときはある程度なんとでもなる、と思っているのでスルーとして 困るのは海外旅行中の万が一。 いままでいちども万が一には遭遇し…

悩ましい旅のプランニング・トイレ

2019年のGWは御代替わりがあり、 日本中が大きな転換点を迎えることになっているけど 希代の10連休とあって 航空会社やツアー会社からのSPメールが引きも切らない。 が、いまあたしはGWに仲間たちと行くスペインの南のほうとポルトガルの 旅のプランニングで…

暑さ対策・暑い国で顔汗コントロールのアイテムは必須

自慢じゃないが顔汗がすごい。 この時期でもちょっと速足をすると 顔から汗が流れる(流れた)。 マフラーというより汗取り用のスカーフを巻きたいほどだ(った)。 探した、顔汗対策のアイテム。

ホテルでセキュアな高速Wi-Fiを手に入れる

いまやどこの国のどんな場所にもwifiが飛んでいる。 ネット回線はライフライン、ないと困る、あって当たり前のもの。 せめてくつろぐホテルでは安心して接続したいが、 最近はいろいろあれこれ、アヤシイこともある。 だから、小さい無線LANルーターを持って…

旅の予算@日本国内編

そういえば、 旅にはどれくらい経費を使っているんだろう。 先日とある方の旅ブログで きっちり経費を計上されているのを拝見して 試算してみようと思ったのがきっかけ。 雨だった魔王が降臨したという鞍馬山の魔王殿

海外旅行でアクセサリー

自他共に認める生粋のジュエリー好き。 本厄年に長いものを家族に買ってもらうといい、と言われ 純金のネックレスを買ってもらったのがきっかけだった。

旅に持って行ってよかったアイテム

これはもうなんといってもいちばんは 栄養ドリンク。 もう少し早く知りたかったとおもうほど これのあるなしは旅の充実度を左右する。 決して大げさじゃない。

アンダルシア地方の情報収集2

グラナダからセビリヤへのバスを We make travelling by coach easier - ALSA のサイトで予約した。 ちょうど春のお祭りに当たっていることがわかったので 早めに予約しようということになったのだった。 手数料2.15ユーロ、税金0.45ユーロ(21%)を加えて32,…

カナやん@旅のテンションキープアイテム

いつから好きだったのかすっかり忘れているけど カナやんが好きで出るたびにアルバムをデジタル音源で買う。 趣味のひとつのとあることを通じて知り合った 若手女子からの情報だったのかもしれないし ごく近い身内からのものだったのかもしれないが 旅に出る…

夏のパリ・滞在先を検討する

今年もまた夏のパリ滞在が決まっている。 航空券の手配は昨年末に終え フランス国内を放浪するとしてもまずは BC(基地)を決めようと思った。 そして、 決めた。

背負うことができる4輪キャリー

旅先ではできるだけ疲労度低く、 大きなスーツケースの移動にストレスがない方法を選択したい。 以前から懸案だったことがある。 それは4輪のキャリーバッグをどう運ぶかということだ。

米津玄師さんが大塚国際美術館

平成最後の紅白歌合戦は 「神回」だったとの声が多い、あたしも リアルタイムで観ていて、 確かに神回であった、と感じる。 米津 玄師さんが紅白歌合戦に初出場したのは 徳島県鳴門市にある大塚国際美術館からの中継だった。

2019年・今年の旅始め

今年の年越しは例年通り静かで質素に過ぎた。 身内はスキーに出かけていたりの、 さらさら日本に戻る気がなかったりので 留守居というわけではないが、 とにかく限定解除でのびのび、のんびり。 読みたい本が数冊、手近なところにおいてあり 観たいDVDもすぐ…

2018年・旅の総決算

平成最後の年の暮れを迎えた。 今年は例年より旅が少なめだったが、 そのぶん、旅への憧憬が深まる結果となり 来年の旅への思い入れと愛情が深まることになった。 なにより旅の仲間に恵まれたことに深く感謝したい。

旅先での出会いとその後のたのしみ

NYで地下鉄を上がり、目的地へ向かおうとしたあたしに声をかけてきた女性がいた。 「すみません、○○へ行きたいんですけど」 あたしも観光客みたいなもんで・・・と言いたかったが 彼女の視線があまりにも必死だったので バッグからスマホを取り出し、Google…

海外旅行でスーツケース以外のバッグ

南イタリア行きでは初めてスキミング予防(RFIDブロック)アイテムを使ったが バッグの機能もとてもよかったので次も持って行こうと思った。

徳島県の公共交通機関の破壊力がハンパない件

徳島県を訪ねた。 移動はすべて公共交通機関を利用したのだが 徳島県の公共交通機関には恐れ入った件をどうしても書いておきたい。

海外でウイルスを警戒する

今回もウイルスには厳戒態勢を敷いた。 日本のようにいつでもどこでもマスク着用ができれば御の字だが 海外でそれをするとちょっと異様な視線を受けることになるので ニホンジンとしてはイタイ、ではマスクなしでどうやってウイルスを警戒するか。