ひとり旅愛好家、旅をする

旅をメインに美しいモノコトヒト、そして美しい言葉を美しく

飫肥城と鵜戸神宮

都城駅そばのホテルで2日目の朝を迎え、その窓からの

霧島連峰の遠景にうっとり。

神様、いるよなあ。

2日目は東京からいっしょに出かけたともだちと

100名城のスタンプを押しに行くことに。

まずは飫肥城(おびじょう)

 

ほどよい距離の駐車場からとことこ向かう

『鎌倉殿の13人』の八重さんの活躍といい

タイミングもいい季節なのかもしれない、

青い空と緑の樹木、のんびりおしゃべりしながら歩いて

画像はこれだけ。でも、いかにもな城下町風情がとってもクール。

地元の方々に「食べておいでよ」と言われていた

飫肥天」も揚げたてをいただいた。

普通のさつま揚げよりずっと甘みがあり、いかにも九州の方が好きそう。

甘みのあるものはおいしい。

 

 

そこから車で30分程度だったと思うけど

地元の方がぜひ足を運びなさいとおっしゃっていた

www.udojingu.com

へ。

 

細いうねうねの道を行くので、

ホントにこの道でいいんだろうかと言いながら進むと

・・・あった。

大きい車だと行き違えないんじゃないかな。

 

で。

これを

あの岩の上にある縄の中に投げ入れる。

と、

2個が縄の中のたまった水の中に着水あせるあせる

※うまく入って喜んでいるの図

その「運玉の由来」の石碑がこちら

結構な急こう配の階段が続くから

安産祈願の神社というけど妊婦さんたちはたいへんそうだったな。

ちいちゃなあかちゃんを抱いたご一家もお見かけした。

 

こういうところで伝わってくるのは、

家族を迎えた温かさや明るい未来への希望。

まいかいどこかで書いていることだけど、

ドイツ語で妊娠することを

「よき希望で存在す」

というのだ、とどこかで読むか聞くかしたのだ。

よき希望

美しい言葉だな。

 

温かい気持ちになってホテルへもどった。

 

翌日はいよいよメインイベント。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

霧島神宮と霧島温泉

 

先週、久しぶりに旅をした。

目的はこちら。

violetmacaronrose.hatenablog.com

 

到着に合わせて空港へ迎えに来てくれたその友達が連れて行ってくれたのが

霧島神宮だった。

 

kirishimajingu.or.jp

 

天孫降臨神話の主人公であるニニギノミコトを祀った霧島神宮

「神宮」と名乗れるのは国内に24社あるらしい。

単に「神宮」というと伊勢神宮のことだとか。

日本には八百万の神様がおいでになるので

お祀りされる神様によっても表現が異なるらしい。

由緒正しく歴史のある重厚な神社で

今回の旅では霧島神宮のほかにもう一か所足を運んだ。

(それは次の記事に書かせていただきたい)

 

 

車の中から大鳥居にアプローチ。

軽くカーブしながら近づいていくのは神宮としては珍しい気がする。

一般的な神宮は一直線っぽい気がするのは気のせい??

 

右が手水舎。立派な龍が水を与えていた。

左横にあるのが「さざれ石」

 

国家『君が代』に歌われているさざれ石そのものとのこと。

ちいさな石があつまって磐になったもの。

オリンピックの表彰式のときくらいにしか聞かない『君が代』だけど

ここではちょっと歌いたくなった(ほんとか)

 

三の鳥居。

この石段をゆっくり登っていくと鳥居の向こうにご本殿のうつくしい姿がちら見える。

参道も石段も鳥居も細やかにお手入れされていて、

参詣するあたしたちも穢してはいけないきもちにさせられる。

 

 

こちらがご神木。

樹齢800年、九州の全ての杉の木の先祖なんだとか。

木肌があたたかかった。

ご神木の足元から空を見上げると見えるものがある。

ぜひお探しになってみてほしい。

残念ながらあたしは見つけられなかった。

 

 

木々の合間から見えるのが、神楽殿

 

そして圧巻、

国宝の御本殿。

※こちらは公式サイトからお借りしました

 

時間に余裕があればよかったが、

お詣りして、御朱印をいただき辞した。

そして腹ごしらえにGO。

たかがざるそばという勿れ。

藪そば風おそばで、

御出汁が九州風のあまいお味、

実に美味しかった。

霧島温泉広場の、足湯のそばのお蕎麦屋さん。

こちらも足湯そばの、蒸した野菜を販売されているところは

ちまきもとてもおいしいとのこと、友達はご家族に買い求め、あたしは

おそばで満腹だったので目で楽しむだけにおさめておいた。

 

そして楽しみにしていた露天風呂は

霧島温泉ホテルさんの。

青く白く濁っているお湯は熱くもぬるくもなく、

のんびり浸かっているのにちょうどいい湯温、

時間さえあればもっとゆっくりしたかったんだけど、

次のスケジュールが控えていたのでそこそこに上がる。

硫黄のにおいがした。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

林真理子著『奇跡』

 

電子書籍を買い求めた。

 

不倫の経験は幸か不幸かもちあわせていないが

この作品が果たしてほんとうに陳腐な不倫のストーリーなのか

まわりの友人知人たちのあれこれを聞いたうえで

素直に読んでみたいと思う。

 

「発売1週間たたずに重版」

だなんて、羨ましすぎる。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

間食せず食欲に踊らされず。

 

今の時代、どこを見たっておいしいものだらけなんだから

無理に我慢するなんてことはできるわけがない。

でも、ダイエットに成功してからはおいしいものを見る目が変わった。

 

ダイエットに成功する前までの自分の旅は

今思えばたいそう不自由だったんじゃないかと思えて仕方がない。

ロングフライトを伴う海外の旅はもちろんのこと、

複数泊の国内の旅でも、かならず持ち歩いたものが

ドリンク剤や栄養剤だった。

それは

「すぐに疲れてしまう」

ことが理由だった。

いくら旅が好きでしょっちゅう出かけていても

体力がなければどこへ行ってもなにをしていても

思い通りの旅にならなかったのだ。

 

f:id:violetmacaronrose:20220207182123j:plain

 

たった数ヶ月のダイエットで元の体型を取り戻したあとは

それまで服用していた処方薬がずいぶん減薬され

旅行日数分の処方薬が「ずいぶんあるねぇ」と言われることがなくなった。

重いカラダを負荷(ぼっか)せずに済むため疲労度も軽減。

それは日常でも同様で、もともと間食はしないけど、

誘われればたまにお付き合いしていたスイーツも

「お茶だけでよければ」と素直に参加する。

お茶だけでほんとうに満足。

(先日の女子会やアフタヌーンティは特別だし事前に準備)

 

そろそろ食事の時間が迫っているね、と言われても

どんなジャンルのどんなレストランや居酒屋でも

まずは

P(タンパク質)

F(脂質)

C(炭水化物)

のバランスがとれているものを選べばいい。

どこへいっても案外あるもんだ。

 

f:id:violetmacaronrose:20220412042445j:plain

※サンプル画像です

 

いま、ほんとうにお腹が空いているのか

それとも時間だからと条件反射になっているのか、

自分のカラダに聞いてみる。

さいわいなことに、MCTオイルを紅茶やお茶に入れて飲んでいるおかげか

ほとんど空腹感を覚えることがない。

むしろ食べなさ過ぎてふらつくときに

(しばらく食べてないな)

気が付くほど、空腹感がない。

 

最近は

「金時ショウガパウダー」

という武器を手に入れたので

体温も上昇し基礎代謝も上がりつつある様子。

摂取後にはうっすら額に汗がうかぶほどで、

金時生姜の威力の凄さを思い知り、

持ち歩くようになった。

国産のオーガニック金時生姜パウダーはパワフルでおすすめ。

 

ダイエットで元に戻ったのは体型だけど

手に入れたものはもっともっとたくさんあった。

疲れにくいカラダ、あきらめない気持ち・・・

 

今日はBMIが17に落ち、体脂肪は13%まで落ちた。

これ以上痩せる必要はないけどこれ以上太るのも困る。

PFCのバランスのいい食生活と金時生姜パウダーの活用で

キープしていきたいものだ。

 

次の旅まであと2日。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

お祝いで鹿児島

 

あるとき、旅先で知り合った方とめちゃくちゃ気が合って

以来ずうっとそれぞれの家族ぐるみのおつきあいをさせてもらっている。

なんというのか、ウマが合うというか

気が合うというようなレベルでなく

風が吹いた時の顔の向きさえも同じじゃないか、

こいのぼりの吹き流しのような。

ほかの人たちとは全く別の方向を向く、その感覚。

 

f:id:violetmacaronrose:20220405063954j:plain

太宰府天満宮 宝物殿で掲出されていたもの。

まさにこれを鑑賞したその夜に彼女と出会った。

 

 

その友達のちょっとしたお祝い事があり参加するために

彼女の故郷へ旅をすることになった。

露天風呂とおいしい食事で有名な温泉旅館を

「まるごと借り切ったわ」

と笑っていた。

繊細な感覚の持ち主だが、なにかを決めるときは豪快な判断力を発揮する彼女らしい。

半年以上前からお誘いを受けていて、

それがまもなく。

場所は大好きな鹿児島、

楽しみ以外のナニモノでもない。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

バースデーウィークツアーの予習ちゅう

 

まん防が解除されてからこっち、

なんとなく旅がしたいきもち、が

とっても旅がしたいきもち、にもりあがったので

誕生日祝いにどこかへ旅してこようと思ったら

おなじことを考えていた友だちがいたので

いっしょにでかけることにした。

誕生日が一週間違いのあたしたち。

 

目的のひとつ

f:id:violetmacaronrose:20220405050923j:plain

福岡の稚加栄さんのランチ。

 

もうひとつは

f:id:violetmacaronrose:20220405051415j:plain

大好きな鳴門の

f:id:violetmacaronrose:20220405051909j:plain

o-museum.or.jp

スイーツ

f:id:violetmacaronrose:20220405052017j:plain

いただくのが楽しみ。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

 

 

 

ところが。

 

ほかの仲間にたまたまそんな話をしたら

「あたしも行きたい」

なんていうので

じゃあ現地集合現地解散で、ということに。

あれ?これ、前にもあったよね?

violetmacaronrose.hatenablog.com

 

メンツは前回とは一部違うんだけど

仕事や家庭の都合がみなそれぞれ異なるので

都合のいい時間だけ共有する気軽さがいい。

ひとり旅が得意なひとが多いのも気が楽。

 

 

さて、現地の情報収集など

いまのうちに予習をしておこう。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

THE GRAND GINZAでいちごのアフタヌーン

 

土曜日の枠にたまたま空きを見つけたので友だちと2名で予約して出かけた。

「ルビーチョコレートと苺づくしの「Ruby&Pink」アフタヌーンティーセット」

おひとりさま5,500円。制限時間3時間。

 

 

f:id:violetmacaronrose:20220405043757j:plain

コンパクトに見えるけど、ひとつひとつがしっかり。

 

 

f:id:violetmacaronrose:20220405043813j:plain

f:id:violetmacaronrose:20220405043834j:plain

アミューズ
ホットルビーチョコレート

【フード】
鴨の生ハムと苺のピンチョス
ベリーローフのフォワグラオープンサンド
サーモンムースと苺のサルサ
苺の俵寿司 こぼれマスタマ
苺とトマトのカッペリーニ

【デザート】
苺と薔薇のマカロン
ルビーチョコレートの生チョコサンド
苺のスコーン ベリーソース
苺と白ワインジュレのヴェリーヌ
苺のクリームチーズのテリーヌ
ルビーチョコレートのカヌレ 
まるごと苺のルビーチョコレート ピンチョス

銀座マキシムのレシピで再現! 苺のミルフィーユ(ハーフサイズ)

f:id:violetmacaronrose:20220405044050j:plain

ドリンク
DRINK MENU
飲み物は下記18種類のアイテムより、

3時間好きなものを好きなだけ楽しめるカフェフリースタイルで提供
紅茶はシンガポール発 世界屈指のラグジュアリーティーブランTWGを代表するブレンドティー「1837 Black Tea」など13種を用意

・TWG紅茶13種
・コーヒー(ホット/アイス)
アメリカンコーヒー
エスプレッソ
・カフェラテ(ホット/アイス)
カプチーノ



どれもこれもおいしかったし、

店内のお客様はほぼほぼアフタヌーンティを堪能されていたご様子で

空間もメニューもドリンクもどれも満足度がとても高かった。

また、行きたい。と思わせてくれるアフタヌーンティだった。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村