T型ハンドルのスーツケース

 

普段使っているのは

ごく一般的なハンドルのスーツケースなんだけど

先日トモダチから

「使うならあげる」

T型ハンドルのスーツケースを見せてもらった。

 

 

このブログでは何度も書いていることなんだけど、

国内海外とも4泊を超えたら潔く

手持ちの中でいちばん大きなスーツケースにする。

理由はただ一つ。

軽くて取り回しがしやすく移動にも便利で

なにより

「自分の身体が楽だから」

 

さんざんなスーツケースジプシーから救ってくれたのがこちら

ソフト スーツケース 超軽量 ストラティック 【アンビータブル2正規品】大型 158cm以内 頑丈 4輪 ドイツブランドSTRATIC 拡張 撥水 ファスナー式 シェルテック スーツケースカバー 静音タイヤ すごく軽い【送料無料】

価格:37,800円
(2018/2/24 20:30時点)
感想(111件)

あたしは旅先がヨーロッパメインなこともあって、

石畳だのデコボコな舗装路だの

ガタガタのところや少しの段差はモノともしない、

実に優秀なスーツケースなので、

中身が半分以下だったとしても迷わずこれ一択。

ハンドルは左右に揺れないし、がたつかず

走行音も静かで恥ずかしくない←ここわかる方多いのでは(笑)

 

冒頭のトモダチが見せてくれたのは

リモワのなんちゃらっていう(←いい加減な性格そのまま)

相当有名で相当お高いらしいスーツケースだった。

しかも、持ってみると案外軽い。

 

でもね。

 

T型ハンドルって、

ずっと握って移動しなくちゃならないんじゃない?

中にモノが入っていたら指一本では動きゃしないよね???

「使いやすいよ、リモワだから頑丈だよ」

トモダチは言うのだが、ヤツはオトコである。

絶対的に移動方法と体力に差がある。

悩ましい、実に悩ましい、惜しい(けど欲しくない)

 

旅友さんたちとの旅行では

普段の旅先によっても違うのかもしれないけど

ソフトなのはエクスカーションで使うときの

キャリーケースくらいで

95%の確率でハードのスーツケースをお使いのご様子。

 

ジプシー真っ盛りの時期にハードのスーツケースを使っていたことがある。

移動中の電車内で停止するストッパーがついているタイプのもので

転がらないし、立てたままでも面倒な気遣いがいらないので

あれはとても便利だった。ただし、それなりの重量がある。

 

あたしは軽量にこだわりたい。

狭い路地や人の多い場所では縦向きに転がるから、4輪にもこだわりたい。

そしてまっぷたつに荷物を入れるのではなく、

広げる場所を取らないふた型にもこだわりたい。

色や素材はこだわらない。

 

容量が大きくスーツケース本体が軽く

ハンドルががたつかず側面にもハンドルがあって

横置きにもでき、それなりに頑丈なこと。

 

どうやらT型ハンドルのは

それらの条件を満たしていなかった。

 

せっかくのトモダチの声掛けだったけど、

本当に欲しいものしか欲しくない、

妥協したら、それを愛せないから。

 

 画像がないのが残念だけど、

機内持ち込み可能なキャリーなのに

預け入れサイズのスーツケースのハンドルに通して

持ち運べるタイプ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村