美術館巡り1日め 倉敷

出発の羽田空港は抜けるような眩しい青空、

このまま泣かないでいてほしいお天気よと

祈る気持ちで岡山行きJAL233便に搭乗。

 

 

出発は折り返し便の遅れで10分のディレイ。

たかが10分、ランカウイの5時間を思えばなんてことない

(結構執念深い)

機内アナウンスでは機長もCAさんも10分の遅れを平謝り。

いえいえ、直近5時間のディレイを経験してますからぁ~ぽっ♪ぽっ♪​​​​​​​

英語アナウンスはなかったけど

ブリティッシュエアウェイズとの共同運航とのこと、

岡山はイギリスをお手本にした建物が多いことから、

イングリッシュに人気なんだろかとふと考えたりした。

 

さて、飛行機を降りたらそこからまっすぐ

倉敷へ向かう。

小腹が空いていたので空港でおむすびを調達して移動した。

腹が減ってはイクサはできぬ、

集中力判断力記憶力にも空腹は大敵だ。

 

今夜の宿泊は

倉敷アイビースクエア

 【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

旅行サイトでいつも見かけていて、

いちど泊まってみたいと思っていたホテル。

明治の西洋文化に傾倒していた雰囲気に満ちた

かつての倉敷紡績跡で、アイビー(蔦)が壁にびっしり。

客室へ向かう通路からエントランス方向、

ちょっとイングリッシュなムード漂う西洋建築。

f:id:violetmacaronrose:20180208210856j:plain

古き良き時代の美しい建物にため息つく。

(無類の建物好き) 

チェックインしたあと、

さっそく美観地区へ足を延ばす。

歩いてほんの数分で美観地区の中心を流れる川

寒さで凍り付いている倉敷川を渡る。

 

今回の目的のひとつは大原美術館だったので

素直にさくっと入場してみた。

 

大原美術館の敷地に吹く風が深い愛情を湛えて

足を運ぶ人を包むようだよ」

いまや時代の寵児と言われる、とある画家が言っていた。

ずっと胸の奥に眠っていたが、足を踏み入れてみて

生粋の素人なあたしでも、吹く風をわずかに感じることが

できていたような気がしなくもない(よくわからないがあはは。。。​​​​​​​)

f:id:violetmacaronrose:20180208212000j:plain

気温がマイナスで東京よりずっと寒い。

みなさんの着こみ方がハンパない、

あたしもシャツ3枚+セーター+ダウンコートといういで立ちで

それでも屋外では暑くなかった。

 

音声ガイダンスをお借りして、順番に鑑賞していくのだけど

これは気になるという作品があってもガイダンスがない、

勉強不足はもったいなかった。

ご参考までに、

大原美術館の音声ガイドで解説されている作品のリストはこちら。

f:id:violetmacaronrose:20180209042039j:plain

 

 分館の作品も解説してくれたら、

よりもっと立体感のある鑑賞ができたような気がする。

でも、作品と鑑賞者の距離が近いのは好ましかった。

 

倉敷初日の夜が更けていく。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村