パリ第7日目ルイヴイトン美術館へ行く

2014年にブローニュの森に完成した

www.fondationlouisvuitton.fr

パリ滞在7日目に足を運んだ。

 

はい、ご想像通り

限定のトートバッグ狙いでした(笑)

しかしその願いは行きのバスの中で

見事にこっぱみじんに打ち砕かれることになったのでありました。

 

 

フォンダシオン ルイ・ヴィトンへ行くには

公共交通機関を使うと最寄り駅から10~15分ほど歩く必要がある。

 

旅の体力を温存するためにも、入場の予約の時に

往復2ユーロのバスをあわせて予約しておいた。

このへんのことは先人のお知恵、ブログや記事に書かれていたことを

まるっと参考にした。みなさまお世話になりました。

 

さて、 フォンダシオン ルイ・ヴィトン

(以降ルイヴィトン美術館と表記)

行きのバスが出るのは

凱旋門広場Arc de triomphe de l'Étoile。

バス停はここにある↓

メトロ1・2・6号線かRER-A線の

「Charles de Gaulle Etoile

シャルル・ド・ゴール・エトワール駅で下車するとすぐ。

 フリドラン通りに面しているので、地下で出口に迷ったら

「Avenue De Friedland」

と書かれた出口を探す。

すると地上に出たとき、すぐ左側にバス停がある。

f:id:violetmacaronrose:20170912131025j:plain

出口を出て道沿いにくるっと振り向くとすぐにバス停。

道に面して

どーん。

f:id:violetmacaronrose:20170912131124j:plain

小さいけど清潔で感じのいいバス。

f:id:violetmacaronrose:20170912131057j:plain

 

 

 

f:id:violetmacaronrose:20170912131152j:plain

ドライバーさんに予約したときのバウチャーを見せるだけで乗車可能、

電気で動いているバスなのでとても静かで快適な走行だった。

 

そのバスで10分も行けばセレブのメゾンが立ち並ぶ

ブローニュの森に入っていき、ルイヴィトン美術館の前で止まるので

あとはセキュリティチェックを受けてエントランスへ。

 

 

f:id:violetmacaronrose:20170912132226j:plain

 

実はアップしている画像はスマホで撮影したもので、

持っていたデジイチのおまけ的に撮影してあったもの。

例の件でデータがないためにお茶を濁したような画像で申し訳ない。

6月末で本来なら明るい夏空のはずのパリ。

突然、神様にいじめられたような雨がぽつぽつ降ったりしたが

ルイヴイトン美術館のうえに上がるにつれ

ヨーロッパ特有のからりと乾いた柔らかく涼しい風が頬を撫でた。

 

ジェラートのワゴンがあったり

併設のカフェがあったり

すてきな経験はしたのだけど

かえすがえすも例の件

そしてもうひとつ。

家族からも頼まれていたオリジナル限定のトートバッグは

日本人観光客が大挙して押し寄せ

大量買い占めしてしまって以来、

ずっと品切れが続いているとのことで

「また来てね」

レジのおねえさんが軽やかに微笑んでいた。

大量買い占めだの爆買いだのは

おとなりの大国の方々の十八番かと思っていたが

日本人にもそういうDNAが眠っているらしい。

 

 

f:id:violetmacaronrose:20170912132928j:plain

 

 建物すぐ横のローン(lawn・芝)の敷き詰められた公園では

ブランドウエアを身にまとったちいちゃい子ちゃんたちが

歓声を上げて走り回っていた。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村