ほぼ日手帳2018購入。

 かれこれ16年使い続けている

ほぼ日手帳

最初はオリジナルの文庫本サイズだったのが

倍の大きさのカズンサイズがでてからはずっとそれ。

持ち歩くことはほぼなくて

スケジュールの細かいのとかは

付箋やほぼ日ペーパーズに書いておいて

いちにちの終わりにカズンに書き込むという使い方。

毎日書いているからまるで日記みたいにも見える。

今年も発売初日にロフトへ買いに行った。

 

 

 

 ほぼ日手帳と言えば、まいとし出されるカバーが有名すぎ。

ジッパーズというのをずっと使っていて

ジェットストリームの4&1とかフリクションの3色のとか

付箋、マステ、糊、デコラッシュそのほか

いろいろごちゃごちゃ突っ込んであって

これだけであれこれ収束できるのが便利。

 ただ。

 

旅行に持って行くにはさすがに本体は重すぎるので

そのときはカズンのノートを持って行き

日常と同じ使い方をしてあれこれ書きなぐり

帰国してからほぼ日手帳に貼り付けるという算段。

カズンのノートはページが薄くて書きやすいから

いつもどおり、なんでもかんでも書いておく(笑)

 

旅行の時には手作りしおりを持参するので

(A4二つ折りサイズのA5サイズ)

カズンのジッパーズにちょうどいい、と書きたいところだけど

ジッパーズは若干大きいので、

ここにはさらにボールペンの替え芯だのマステだの

フライトログブックだの入れておくと

まるでちいさなオフィス。

ま、ケースバイケースで持って歩いたり置いていったり

そのときどきで気分で使ってる。

 

日常使いのときは季節や気分でカバーも替えるから

いちねんで何度か替えることもあるし

お気に入りのデザインはジッパーズじゃなくても

ときどき使ってみたりもする。

こんなふう

f:id:violetmacaronrose:20170905044533j:plain

2017年増田セバスチャンさんのカバー

その上に置いてあるのは

2015年のコーヘンジッパーズ

どちらもカラフルでエネルギーがもらえるので

大のお気に入り。

ときどき交代する。

 

・・・

なんだけど。

ことしはシュタイフとコラボしたカバーが出てしまった。

f:id:violetmacaronrose:20170905044537j:plain

発売初日に銀座ロフトで

オリジナルサイズしかないシュタイフ

目が眩んでしまった。

「ボタン・イン・イヤー」のついている本家認証済み。

内側にシュタイフの押印があるのが

ステータス感ばっちりでテンションが上がるのもポイント(笑)

 

とりま、これはモバイル用にすることにして

いつも通り手帳本体はカズンの通年サイズ

ことし初めて、

上半期と下半期に分かれているタイプのを使ってみたら

意外と使いにくかったので通年に戻した次第。

スケジュールは一年分を一気に見渡せるものが

私の仕事のスケジュール的に合致するんだってことが

わかれているタイプのを使ってみてわかったのが

手帳とは関係ないかもだけど大きな収穫だった。

3月に8月や11月の仕事のオファーがあったりするから

一年を通して使えるタイプがいいんだってこと。

 

シュタイフのぬいぐるみは持ってない。

でもシュタイフのぬいぐるみのふわふわさはよく知っているから

来年は家を離れているときに触れない

わがやのわんこたちの代替要員として

シュタイフカバーを任命したいと思ってる。

(トイプーのくるくるな巻き毛の柔らかさには遠く及ばないとしても、だ)

もっともシュタイフのカバーはそんなこた関係なく

お気楽に鼻歌を歌っていそうな気がしなくもない。

カバーに人格があるなんてしらなかった。

(※上記の文章はファンタジーです・笑)

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村