パリ第6日目。いろいろ高い、ユーロも高い。

パリでは総じて物価が上がった印象が強い。

アパルトマンを利用する関係上、

食材などを購入する頻度が高いので

日用品類の価格が一年前とは明らかに違っているのを感じる。

 

 

 

f:id:violetmacaronrose:20170628145218j:plain

 

 

f:id:violetmacaronrose:20170628145430j:plain

野菜やくだものも値上がり。

 

また、何の拍子か

それまで124円台で推移していたユーロが

一気に127円台半ばまで高くなり

ますますハードルが上がった印象。

緊縮財政すすむ(爆)

 

とはいっても

マネパカードに入れてある分で

暮らすにはたぶん大丈夫だろうと思うので

これ以上両替の予定は、なし。

 

ところでパリ市内でお得な、

レートの良い両替所がオペラ近くにある。

ホテルスクリーブ並びの

CCO(せーせーおー)両替所。

いつ通りかかっても両替の行列ができていて

もしかすると日本で替えるよりレートがいいのかもしれない。

公式サイトはこちら(日本円両替のページに遷移します)

CAさんたちも御用達だそうだ。

オペラ座に近いのでMersonさんよりは足を運びやすい。

 

現在ユーロのaskは127.319円。

いったいユーロはどこへ行こうとしているのだろう。

 

 

 

 

f:id:violetmacaronrose:20170628145227j:plain

麗しのイズニー、

とうとう1ポンド(250g)が5.5ユーロにまで跳ね上がりました。

ボルディエも同様です。

(撮影はボンマルシェで2017年6月24日)

 イズニーバター、ボルディエバター以外も

値上がりしています。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村