パリ行きのメインで使うスーツケース

旅にこだわりがあると、ただくたびれるだけだと思っているので

どんなものでもどうにかなるだろう的

あるいはいいかげんな旅のテイスト。

 

 

学生時代を過ごしたイギリスで、

トモダチに付き合ってスーツケースを探しに行ったそのムカシ。

ピカデリーサーカスのなんともアヤシイ雰囲気のお店をぐるぐる見て回り

店主と無駄口をたたきつつトモダチが買ったのは

え?それ??

言いたくなるものだった。

縦長のボストンバッグの底に4つ、ころころがくっついてるだけの

ペラペラじゃないけどぜんぜん頑丈じゃないよね、なモノ。

彼女はそれに着替えや教科書類をどんどん詰め込んで

そのまま自分の国へ帰省していった。

 周りの留学生たちもみな似たり寄ったりで

そんな感じのバッグを使っていたようだった。

 

幾星霜。

 

 

その後、航空会社の預け荷物サイズ制限が厳しくなったので

当時使っていたものは使えない(たぶん200リットルくらい入った)

今使っているのは

 これ↓

 Max123リットル入るのでぎゅうぎゅう詰め込むと

重量は30kgくらいになる。持ち歩くのはひと苦労(笑)

このほかに移動用キャリーが何種類かあるので

滞在日数やエクスカーションに合わせて持って行く。

食材やお水の買い出しがあるからいちばん多いのは

これかな

    ↓

 これの大きいサイズのだと

2リットル入りのペットボトルが4本くらい入り

その上にぐいぐいお買い物したものを入れて

アパルトマンの階段をわしわし上がる。

(日本式3階だけどエレベーターなし(-_-))

 

これはメインのスーツケースにフレームとバッグをばらばらにして入れていけるので便利。

もうちょっとフレームが縮んでくれたら言うことないけど

このキャリーはシルバー世代が歩くときに杖代わりに使うものとして

開発されたものらしいので、そこは仕方がない。

確かに、どんなにモノが入っていても、移動は驚くほど楽チンで、

辛いのは階段だけ。

 

優秀すぎて、

薦めてくれたシリアイはyoutubeに動画をupしてたくらい(笑)

感謝感謝、K田さん。

 

おススメもうひとつは

 以前の記事にも書いたこれ

 メインスーツケースと同じ「ストラティック」の

アンビータブルなので、普段は家で入れ子式にしまっておけるし

荷物が少なければこれもメインのスーツケースに入れて帰国できるので

べんり。主にエクスカーションで夏の3泊くらいまでなら大丈夫。

とにかくめちゃめちゃ軽量なので、

ついつい荷物を詰め込み過ぎさえしなければ

自力で空港やじるしホテル(アパルトマン)を移動できる。

 

今回もアンビータブルの大小とスワニー、

それに機内持ち込みの小さなバッグいっこで旅立ちます。

 

 わくわく。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村