モバイルバッテリーの使い分け

 普段使いのスマホのバッテリー容量が大きく

(XperiaZ5Premium・3430mAh)

マップ表示させたり、LINEやメールを確認すると

意外とさくさくバッテリーが減っていくので

充電できるタイミングを計ってモバイルバッテリーを使う。

 

 

 

もうあのゲームは飽きてしまったので

大きくて重いバッテリーを持ち歩くことはないのだけど、

やっぱりなにくれとなく確認するとき、

(カフェとかブラスリーとかブーランジュリーとか)

(食べ物ばかりだ、今気がついた)

予想以上にバッテリーは減っていく。

 

国内では、どこかで充電させてもらえることが多いので

ちびっちゃい小さいモバイルバッテリーでよいのだけど

軽くて持ち歩くのが楽なので

Anker PowerCore 10000

を利用ちゅう。

自宅では楽ちんなマグネット式のUSBケーブルを使っているけど

さすがに外出中はすぐに外れ、

充電できないことが往々にしてあるので

ふつうのUSBケーブルで接続。

 

移動中には充電ポイントが見つかりにくいと思われ、

さらにスマホを多用する場合は少々重くても

こち

利用。

 

 

数年前、

「昭和のおじさんのべんとばこかい!」

とトモダチに言わしめた

バカでかいモバイルバッテリーを使っていたことを思うと

ほんとに隔世の感がありますわ

(すぐ過去と現在を比べたがるBBA哲学・笑)

 

自分自身の行動と経路に予想がつくと仮定してのモバイルバッテリー。

それでも先日、充電切れになりそうで、

晩ごはんのレストランで店長さんに確認してから

スマホを充電したのはあたくし。

お世話になりました。

それ以来、充電アダプタも常に持ち歩くようになったのでありました。

 

オンナの旅は艱難辛苦やじるしウソ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村