旅仲間

京都お花見​​​​​​​​​​​​​​女子会2019

京都は仕事でもたびたび足を運ぶので 人出の多い時期に行かなくても、という声がないわけじゃないが だからこそ楽しいってことが わかるヒトにはわかる(わかってほしい)。 今年は現地集合現地解散の一泊二日で京町家宿泊。

誘い旅誘われ旅、睨むスケジュール

寒い寒い、火鍋でも囲んじゃわない? いいね ところが、予約したその夜は4月並みの暖かさになったというおとぼけ、 しかし、熱い火鍋でこころもからだもさらにぽかぽかになったお話。 都営新宿線小川町、丸の内線淡路町、JR御茶ノ水駅、銀座線神田駅 どこか…

さくらの咲くころ現地集合

長いものには積極的に巻かれるようにしている。 西風が吹けば東を向き 太陽が沈めば家に帰る。 絵に描いたような日和見主義。

旅仲間の笑顔に癒された土曜のランチ

土曜日のランチは仲間たち11人でランチは ポルトガル料理だった。 www.pj-partners.com アブダビやロシア、ウクライナ好きなSさんの予約。

悩ましい旅のお誘いに惑う

旅の仲間たちとのLINEに 次々と旅のお誘いが投下されている。 今日は6月のベトナム旅のお誘いが投下された。

悩ましい旅のプランニング・トイレ

2019年のGWは御代替わりがあり、 日本中が大きな転換点を迎えることになっているけど 希代の10連休とあって 航空会社やツアー会社からのSPメールが引きも切らない。 が、いまあたしはGWに仲間たちと行くスペインの南のほうとポルトガルの 旅のプランニングで…

アンダルシア地方の情報収集2

グラナダからセビリヤへのバスを We make travelling by coach easier - ALSA のサイトで予約した。 ちょうど春のお祭りに当たっていることがわかったので 早めに予約しようということになったのだった。 手数料2.15ユーロ、税金0.45ユーロ(21%)を加えて32,…

2018年・旅の総決算

平成最後の年の暮れを迎えた。 今年は例年より旅が少なめだったが、 そのぶん、旅への憧憬が深まる結果となり 来年の旅への思い入れと愛情が深まることになった。 なにより旅の仲間に恵まれたことに深く感謝したい。

現地集合現地解散の香港マカオ5人旅

ほんとうに旅友さんに恵まれたとつくづく思う。 きっかけは「地球の歩き方」の掲示板に立ったトピだった。 同年代の旅好きさんたちが総勢20人近く集まって 1,2か月にいちど食事をしながら旅をスケジュールし それぞれ好き好き、旅話に花が咲く。

『そうだ、京都(も)いこう』

大好きな街、京都。 『そうだ、京都行こう』 なんとシンプルでダイレクトでキャッチーなコピーであることよ。

旅仲間に旅話を聞きに行く

以前から何度も書いているけど、 旅を愛する仲間がいる。 12人ほどのちいさな仲間たちだけど それぞれがひとり旅だったり ちいさなグループを作っていたり 旅の誘いがあったりで 「次の旅のために仕事を頑張れる」 明るい表情できっぱり。

旅先の情報収集

今夜は、いっしょに台湾を旅する予定のTさんと LINE通話で打ち合わせしながら情報収集をした

ちいさな付録トートを活用する

ちょっと見可愛いので つい衝動買いしてしまう付録付き雑誌。 何度か使うと飽きて、ただの邪魔モノになる悲しさ。

旅仲間との新年会でおもったこと

旅をするのはとても贅沢なことだ。 人生の時間をどれだけ有効に使えるか、 どれだけ心に残る旅ができるか。

成田国際空港を楽しむ

今回の旅は、夏にラスベガスやグランドキャニオンを いっしょにまわったTさんと一緒で、 仕事の要素はまったくないから、 ひたすら楽しめばいい。はずだ。

旅のパートナーあるある

いつもひとり旅を旨としてきた私が 十数年ぶりにグループ旅行をした。

8月。ラスベガスとグランドサークル その1

パリから帰国後 4月初旬から盛り上がっていた友人たちと 「ラスベガスへ行こう!」 思い立ったが吉日でさっそく行ってきたのだが それもまた新たな旅の楽しみの発見が多かったので すでに9月も末に近いんだけど 備忘録として残しておきたい。

ひとり旅愛好家なかま

ひとり旅を好む仲間がいる。 好むと好まざるにかかわらず、ひとり旅になるという仲間もいる。 ときにひとり旅、ときにトモダチと旅をする仲間もいる。 その仲間に出会ったのは 「地球の歩き方」の掲示板だった。