アンダルシア2019年5月・その2マドリードからコルドバへ

スペインでの初めの一夜を過ごし、 気持ちよく目覚めたあとは 8:00発のAVEでコルドバへ向かうために 少し早めにホテルを出た。朝食はついていたが落ち着かないのでパス。 7時30分頃のアトーチャ駅。 人通りはそんなに多くない(東京と比べちゃいけないんだ…

アンダルシア2019年5月・その1ヘルシンキ経由でマドリードに到着

初めていっしょに旅をする3人組だけど 旅の好きな人が集まるグループがかれこれ3年続いていて いつも顔を合わせていたし、 旅の準備に何度か会っていたので 5月2日の朝、成田空港のチェックインカウンター近くで待ち合わせたときは 妙にテンションが高かった…

パリは遠くに消えて行った

タイトルどおりである。 めらめらと燃えていたパリへの愛が 一気に奪われ極寒の地へ送られた気分になっても いたしかたあるまい。 残念ながら今年のパリの仕事はキャンセルになりました ちーん​​​​​​​ にほんブログ村 //

続編・Airbnbからの振り込みを確認、これですべて完了。

振込みが完了しました とメールが届いたのは 15日23時過ぎ。 16日午後には確認できなかったが 「 受取口座への入金は、土日祝日を考慮するとMay 20, 2019以前となる見通しです。」 とあったので月曜日まで待っていたところ 無事に確認できた次第。 みみっち…

6月パリ行きの準備はじまり

アンダルシア、ポルトガルの11日間の旅行を終えて その間無事にQUEENの日本公演のチケットの当選も確認でき、 帰国日ダッシュでファミマで支払いも完了できたので あっというまに過ぎて行った日々。 今日はもう6月に予定のパリ滞在の準備に熱意なのである。 …

Airbnbでの衝撃と顛末 最終話

いよいよ最終話を迎えた。 大団円と言うわけである。 結果からすると、 Airbnbの対応は迅速で正確、 誠実さを感じるものだった、ということ。 コトの成り行きは以下の記事をご参照ください violetmacaronrose.hatenablog.com violetmacaronrose.hatenablog.c…

5月8日ポルト午後11時

日本を出てかれこれ一週間。 同行のおマダムさまたちとは心地いい距離感を保ちながら 実に楽しく旅を続けてきた。 そして今夜は少しだけヨタカになる理由がある。 ポルトの宿はブッキングドットコムでマダムのおひとりが予約された。 慣れていらっしゃらなか…

Airbnbでの衝撃と顛末 宿泊前

「そうそう、ごめんね、あたしダブルブッキングしちゃって、 あなたたちはここを使えないの。 別のお部屋を用意したからそちらを使って。」 この衝撃のホストのメッセージから2日あまり、 Airbnbとのやり取りは続く。 「キャンセル料を返金するだけですか。 …

Airbnbでの衝撃と顛末 そして

「そうそう、ごめんね、あたしダブルブッキングしちゃって、 あなたたちはここを使えないの。 別のお部屋を用意したからそちらを使って。」 この衝撃のホストのメッセージから2日あまり、 Airbnbとのやり取りは続く。 「キャンセル料を返金するだけですか。 …

Airbnbでの衝撃と顛末 始まり

3月末の京都は 「4人が一部屋に泊まれる」宿を探して 京町家を予約したのは violetmacaronrose.hatenablog.com この記事の通り。 お花見記事は下書き段階で公表できていないが、 とにかく言いたいことは 「宿はよくよく情報収集して決めろ」 ということ。 散…

スペイン、ポルトガルの旅行のために新調したもの

令和の10連休をとことん休みぬくために4月はがんばった。 そして今日は平成最後の日。 みなみなさま、どうぞよい休日をお迎えください。 この旅のためだけではないけど、買い足したものがある。 これはキャップがついている電動歯ブラシ。 ふだんの外出時は…

MicrosoftのSurface Pro 6をお借りした

「ミイラ取りがミイラになる」 というのはよく聞く話だが 今回はむしろミイラになりに行った話。 3月は本業に忙殺されまくり文字通り息つく暇なく過ぎた。 4月に入ってもその忙しさがまったく変わらず せっかくお借りした 「MicrosoftのSurface Pro 6」 の実…

MicrosoftのSurface Pro 6が欲しい。

3月は12月に匹敵するくらい忙しいのは社会人の理。 その空気感を読みつつ、 成田の応援上映で知り合ったボラプ友達と 日比谷のTOHOシネマズでボラプの胸アツ応援上映に参戦した。 明けて今日は、 眠い。

ポルトガル鉄道・クレジットカード二重請求のその後

GWのアンダルシアとポルトガル旅行の 最後の足回りの予約はポルトガル鉄道だった。 無事に予約を完了させて一安心・・・??

ポルトガルの鉄道を予約した

ポルトガル鉄道Comboios de Portugalの予約は2か月前から可能なので GWの移動を公式サイトで予約した。 日程や移動の時刻などが予め決まっている場合は 早めに予約すると、条件はあるけど格安で移動できる

立川ウェンブリー 3月20日2045

「立川ウェンブリー ※正式名称は立川シネマシティ で (ライブ版ボヘミアン・ラプソディの)上映が発表になったよ​​​​​​​​​​​​​​」 ああ、持つべきものはボラプファミリー​​​​​​​ ​​​​​​​ 立川のボラプはスタンダードなオトナマインドの観客が多いので いつ…

ひとり旅のウエア

先週、初めて海外旅行をするという若い女の子ちゃんと話をしたとき、 いつもスカートですけど旅先でもそうですか?と訊ねられた。 スカートしかはかないよ、と答えてから ホントにそれでいいのかと思った。

京都お花見​​​​​​​​​​​​​​女子会2019

京都は仕事でもたびたび足を運ぶので 人出の多い時期に行かなくても、という声がないわけじゃないが だからこそ楽しいってことが わかるヒトにはわかる(わかってほしい)。 今年は現地集合現地解散の一泊二日で京町家宿泊。

MicrosoftさんでSurfaceProをじっくり堪能してきた

ガジェット好きが功を奏したか、 (んなわけない) Microsoftさんから 「Microsoft Surface Pro」を見に来ますか?のお誘いをいただいたので 品川へ足を運んできた。 じっつにたのしかった。

都内から成田へ立川へ川崎へ、『ボヘミアン・ラプソディ』を観るために

クレジットカードの明細を見るのが怖い という若い女の子ちゃんの悲鳴にも似た言葉を聞き (たしかにそのとおりだよ) つと下を向いてしまったのだった。 アカデミー賞の主演男優賞を受賞した ラミ・マレックさん。 最初に『ボヘミアン・ラプソディ』を観た…

2月18日、三峯神社へ詣でてきた。

昨年3月朔日に 三峯神社でお借りした 「御眷属さま」を 無事にお返ししてきた。 一年間たいへんおせわになりました。

12月のイタリア THETA Vが大活躍

サンピエトロ広場を訪れたのは2018年12月中旬。 今回の旅ではTHETA Vが大活躍で 撮影者本人(つまりme)がいちばん楽しかった件。

【備忘録】海外旅行で通信環境を手に入れる

4月にごくプライベートで短期の、 GWは旅仲間の小グループで10日の海外旅行を予定ちゅう。 いつどこにいても命綱としての通信(ネット)環境を調達したい。 今回もプリペイドSIMを使う予定。

GWスタンバイ・スペイン国内の交通手段

渋谷のレストランでランチしながら GW旅のデコボコ3人組がMTGを行ってから 数日。 そのときにゆるく決めていたことが 不測の事態でNGになったので さくっと提案した件。

バックパック可能なキャリー

年初、 「キャリーが背負えたらありがたい!」 知人の勧めで購入したそのブツ、 ご興味がおありでしたらご覧ください

海外旅行のお供・おやつ

おやつはたいせつ。 小腹が空いたら、 エネルギーが切れたら、 獰猛なケダモノになるか思考回路が停止する。

インフルじゃなく風邪。

シンガポールのナイトサファリや いろいろリザーブしたいとおもっていた 金曜日の夜から高熱。 インフルエンザだなんて許さない! ちがった、よかった。 土曜日の朝。 いつもの病院へ行く準備をしながら なんとなく嫌な予感がしてネットで調べてみると 「本…

旅行のガジェット・PC篇

旅先でも仕事をするので ノートパソコンを常に持ち歩く。 かれこれ20年以上も 絶大な信頼感のPanasonicのレッツノート一択だったが ここへきて Surface Pro に俄然興味がわいてきた。

誘い旅誘われ旅、睨むスケジュール

寒い寒い、火鍋でも囲んじゃわない? いいね ところが、予約したその夜は4月並みの暖かさになったというおとぼけ、 しかし、熱い火鍋でこころもからだもさらにぽかぽかになったお話。 都営新宿線小川町、丸の内線淡路町、JR御茶ノ水駅、銀座線神田駅 どこか…

旅の妄想をかきたてるツールとしての書籍

ラングドン教授のひそかなファンを自認しているので ダン・ブラウンセンセイは大好き。 何度でも読みたくなるくらい面白い、 翻訳の越前先生が上手に訳しているにちがいない) そのため、仕事に支障を来してはいけないと 書籍は背表紙だけをこちら向きにして…